|

今年こそ焼きたくない!正しい紫外線対策で綺麗な美肌を

紫外線は老化を早める

紫外線は、皮膚の炎症やシミの発生、コラーゲンの減少やエラスチンの破壊などによるハリ・弾力の低下、シワなどの肌老化、皮膚がんを引き起こす原因といわれています。
頭上からの太陽光以外にも、地面から反射した光「照り返し」という現象もあり、首や、アゴ下なども意外に焼けてしまいます。

日焼け止めを選ぶポイント

紫外線量は、日本では7〜8月が最も多いといわれていますが、冬でもその半分〜1/3のほどの紫外線量があるため、365日紫外線対策を心がけることが大切です。

日焼け止めは、使うシーンに合わせてSPF/PAの数値を選びましょう。例えば、海や炎天下でのスポーツを楽しむときはSPF50+/PA++++、通勤通学にはSPF10前後/PA+程度のものが適しています。2〜3時間おきに塗り直すと効果的です。

驚きの効果

また、肌だけでなく目や髪も日焼けするため、UVカット効果のあるサングラス、日傘も必須です。日傘の生地・色などで効果は異なりますが、−5〜10度体感温度が変わると言われています。

温暖化が進み近年、男性の日傘デビューが増えてきているのもこの体感温度の違いからかもしれません。

日中の外出時は日焼け止めをしっかり塗り外出しましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

Endiet 編集部
Endiet 公式のEndiet編集部アカウントです。 エステ、ダイエットの情報に揉まれながら、日々、お役立ち記事を鋭意作成中。遺伝子タイプはお腹まわりに脂肪を蓄えやすい「コアラ」。